そぎゃんすっと隊

一人暮らしを謳歌しながら節約するメディア

東工大化学の対策を現役東工大生が伝授する

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/LIG_h_agentpisutoru_TP_V.jpg

 

東工大化学ってどう対策するの?」

東工大化学の正誤問題とか対策しようがなくね??」

 

って思っている皆さん、わさもんです!

 

さて前回は採点方法について書かせていただきました!

 

tsukemen-tit.hatenablog.com

 

まあ、この記事を読んで

「なるほど、こんな感じで採点するのか」

 

ってのはわかってもらえたと思うんですけど

「じゃあ結局どうすればいいの?」

 

って疑問に思った人も少なくないと思います。

 

そこで、これから解説していこうと思います!

 

 

目次

 

東工大化学の特徴

 

ズバリ、東工大化学は他の大学とはかなり違います。

そのため、とまどう人が多いのです。

 

具体的な特徴としては

  • 計算過程を書かない
  • 正誤問題は正解が1つまたは2つ
  • 問題数が少ない

という3点が挙げられます。

 

この3点が対策をすべき理由であり、

逆に対策をすれば差をつけれる

ということにもなります。

 

というわけで、これからは具体的な対策について述べていきます。

 

計算問題

 

ズバリ、東工大化学では

 

計算を制すれば高得点が安定する

 

という言い伝え?があります。

 

他の難関大(東大、京大、阪大、旧帝大)などでは

有機を制覇すれば高得点が安定する

と言われています。

 

もちろん東工大でも有機を制するに越したことはないけど

年度によって有機の難易度が変わる

という落とし穴があります。

 

だから、有機で稼ごうとすると

勇気が誰も解けないくらい難しい時に大変なことになってしまうのです。

 

 

一方、計算問題に至っては

大体が標準的な問題

なのです!

 

だから、大体の人は立式まではおそらくできていて

本当の勝負はきちんと計算しきることです。

 

筆算等を駆使して3桁×3桁、3桁÷3桁を

素早く正確に計算する必要があります。

 

そのために、対策することは

 

日頃から電卓を使わない

 

ことです。

日頃から電卓を使っていると

本番では絶対に計算をミスってしまいます。

 

なので、まずは電卓を使わず手計算をしましょう!

 

正誤問題

 

これは僕も苦しみました。

一体どうすれば正答率が上がるのか…

 

そこで僕がたどり着いた答えは

  • 正誤問題にこだわらない
  • 化学の新研究で徹底的に覚える

という2点です。

 

正誤問題にこだわらない

 

「えっっっっ????」

って思った人がほとんどだと思います。

しかし、東工大の正誤問題を楽々とくのは

ほぼ不可能

なのです。

 

まあ、正誤問題は難しい問題から簡単な問題まで

幅広い難易度の問題があるので、

 

  • 簡単な問題は確実にとく
  • 難しい問題は深入りしない

 

という鉄則を使えるようにするためにも

 

問題の難易度を見抜く力も身につけると強みになります。

 

化学の新研究を徹底的に使う

 

よく化学の新研究は

「辞書的に使え」

と言われていますが、下の数学の記事でも書きましたが

 

辞書的に使う参考書など存在しないのです!

 

 

tsukemen-tit.hatenablog.com

 

だから、隙間時間を見つけては読んでいくことをお勧めします。

 

問題を解く順番

結論から言います。

 

計算問題→有機→正誤問題

 

です。異論は認めません笑

 

なぜこの順番かというと

計算は対策すれば確実に解けるようになるので

とりあえず何問か解いて安心させる。

 

次に有機をその勢いで解ききる。

 

最後にゆっくりと正誤を見極める。

 

のが、自分の経験上一番だからです。

 

皆さんも試してみてください笑

 

 

まとめ

 

さて、今日のまとめは

  • 電卓を使うな
  • 正誤にこだわるな
  • 化学の新研究を熟読すべし

という3点ですね。

 

 

最近早起きができないって人はこの記事を

 

tsukemen-tit.hatenablog.com

 

勉強場所に困っている人はこの記事を

 

tsukemen-tit.hatenablog.com

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

あとぜきっ